Paul Potts Fan Site

Japanese Fan Site
こちらはポール・ポッツさんの非公認ファンサイトです。

ポール・ポッツさんを応援すると共に音楽こぼれ話など楽しんで行けたらと思っています♪

<< Britain's Got Talent2008年優勝者!George Sampson14才! | main | ポール・ポッツ来日公演4月29日(火)その11 >>
ポール・ポッツ来日公演4月29日(火)その10
そして次の曲は「カヴァティーナ」です。

【Paul Potts - Cavatina】



この曲は「奥様に捧げる歌」としてコンサートで毎回歌い奥様へ捧げているそうです♪

「妻と初めて会ったのは 2001年2月2日午前10時8分
あの日の美しい妻の姿を 今でも覚えています。」
「妻はいつも僕を支えてくれました」

「妻はとても優しくて僕が病気の時などとても優しく看病してくれます」
「男と言うものは病気に弱く(男性用インフルエンザ)があるのではと言うくらい病気には弱いものです。そんな時に妻は本当に優しく看病してくれます」

と、それは一生懸命奥さんのお話をしてくれましたw

この曲はオーケストラではなく一緒にツアーを廻っているピアニストのピアノと指揮者のバイオリンで演奏されました。

ピアノの右脇にポール・ポッツが立ち、その斜め後ろに指揮者がバイオリンを持って立ち3人でそれはそれは静に情感豊かに奏でられました。


【Cavatina】

She was beautiful,
Beautiful to my eyes.
From the moment I saw her,
The sun filled the sky.

She was so, so beautiful,
Beautiful just to hold.
In my dreams she was spring time,
Winter was cold.
How could I tell her
What I so clearly could see.
Though I longed for her
I never trusted me completely
So I never could be free.


It was so, so beautiful,
Knowing now that she cared.
I will always remember
Moments that we shared.
For it was beautiful, beautiful
Beautiful to me now.




___________________________

後半Set List

序曲

ミュージック・オブ・ザ・ナイト(オペラ座の怪人より)
『学生王子』メドレー (ミュージカル学生王子より)
カヴァティーナ(奥様へ捧げる歌とのことでした)
Duet-Libiamo la Traviata 椿姫ー乾杯の歌 Paul Pottsとイルミナ嬢
3人とのデュエット
___________________
フォーエヴァー(イルミナ)
I'm Happy (イルミナ・日本語バージョン)
___________________

Where Do I Begin(From Love Story) ある愛の詩
Time To Say Goodbye(Con Te Patiro)


アンコール
誰も寝てはならぬ
| comments(0) | trackbacks(0) | Paul Potts東京公演2008年 | TOP↑ |









http://paul.ribia.net/trackback/696861